資料請求
お問合せ
Blog

調理作業のしやすさとキッチンの配列

調理作業のしやすさとキッチンの配列

こんばんは、天領住宅です。

 

キッチンのプランを立てる際、調理

作業のしやすさを考慮する必要があります。

 

実際の作業を思い浮かべてみるとわかりやすいかと思いますが、シンクとコンロ、そして冷蔵庫。この三つの並びや距離がポイントになってきます。

 

この三つの間を何度も行ったり来たりしながら、調理をすることとなるので、そこにプチストレスをためないような、レイアウトにしたいものですね。

 

 

キッチンの配列の代表例をいくつかご紹介したいと思います。

・I型…省スペース、左右だけの動きで調理作業が可能

・L型…効率的なレイアウト(動線が短い)

・Ⅱ型…左右の動き+回転での調理作業。収納スペースが確保しやすい。

・アイランド型…多人数で調理作業ができる。四方向から使える。

・U型…調理スペースを広くとることができる。

・ペニンシュラ型…三方向から調理が可能(キッチンが壁から突き出したレイアウト)

 

奥様が一日の中で多くを過ごすことになるキッチン。

思わずここで過ごしたくなる、そんな心地よい空間となりますように☆彡

 

 

タイトルとURLをコピーしました