資料請求
お問合せ
Blog

壁材の種類と特徴

壁材の種類と特徴

こんにちは、天領住宅です。

 

家づくりの際に、お施主さまが悩まれることの多い「壁材」について、代表的な種類と特徴をまとめてみました。

 

 

 

 

壁材の種類と特徴

 

◆壁紙(クロス)

ビニールクロス、紙クロス、織物クロスなど

部屋の用途に合わせて、豊富な色やデザインから選ぶことができる。部屋のテーマカラーを決めて選んだり、一面だけ色を変えるなど、インテリアコーディネートを楽しめる。

価格もリーズナブルなものが多く、比較的施工しやすい(工事にかかる時間も短くてすむ)

材お汚れてもふきとれるなど、お手入れのしやすさも魅力のひとつ。

 

 

 

 

◆塗り壁

漆喰、珪藻土、土、西洋漆喰(プラスター)など

化石の堆積物や火山灰などが原料となる自然素材のものから、土など、素材によって質感の違いも楽しめたり、塗り方によって、雰囲気や印象の以外を演出できる。

耐火性、調湿性、断熱性、防音性などにも優れている。

クロスのような「継ぎ目」がなく、美しい仕上がりもメリット。

汚れの落ちにくさや、施工費がかかることも心得ておきたい。

 

 

◆木材

羽目板や腰板と呼ばれる木材を壁面に貼ることで、落ち着いた雰囲気やリラックス効果を期待できる。

檜や杉などの無垢材を使用することで、重厚感や高級感だけでなく、素材そのものの香りを楽しめる。

年月の経過とともに、味わい深さを増すのも◎。

 

 

◆タイル

耐久性や耐水性に優れている。

水回りや玄関、最近はリビングなどの一部分に使用することで、高級感がUP。

タイルのさまざまな質感(ウッドタイルなど)を異素材と組み合わせながら、個性的な空間を表現できる。

汚れの落ちやすさも特徴。

 

 

◆塗料

リフォームの際に、塗り替えが簡単。

天然素材を原料とするものがオススメ。

 

 

 

 

 

◎家づくりのご相談を無料で受け付けております。
ぜひお気軽にご相談ください!

 

【お問い合わせ】

TEL 0973-24-1819

受付:月~土曜 9:00~18:00

 

 

タイトルとURLをコピーしました