資料請求
お問合せ
Blog

☆今週のブログ☆子育てエコホーム支援事業について徹底解説!

2023年12月15日

☆今週のブログ☆子育てエコホーム支援事業について徹底解説!

 

こんにちは。

日田市の工務店 (有)天領住宅です。

今回は11月に公表された新たな住宅支援補助金「子育てエコホーム支援事業」について徹底解説したいと思います!

物価高騰により住宅建材も価格高騰する中、家づくりを検討されていらっしゃる方への支援になるのではないかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください!!

 

contents
子育てエコホーム支援事業補助金とは
子育てエコホーム支援事業補助金の特徴
子育てエコホーム支援事業補助金の受給条件
子育てエコホーム支援事業補助金を受ける上での注意点
子育てエコホーム支援事業補助金Q&A
子育てエコホーム支援事業日田市で住宅を建てる方へ

 

 

■子育てエコホーム支援事業補助金とは
エネルギー資源や物価高騰の影響を受けやすい、子育て世代や若者世代の高い省エネ性能の新築住宅や省エネ改修等の購入に対して支援する事業です。2050年カーボンニュートラルの実現を図ることを目的としています。


●国土交通省より引用

 

■子育てエコホーム支援事業補助金の特徴
子育て世帯または若者夫婦世帯が、子育てエコホーム支援事業者と
契約し、長期優良住宅またはZEH住宅を新築する場合、
1戸あたり長期優良住宅は100万円
ZEH住宅は80万円を補助します。

また、リフォーム工事も対象となる工事を子育てエコホーム支援事業者と契約することで、子育て世帯・若者夫婦世帯は一戸あたり300,000円から600,000円、一般世帯が200,000円から300,000円の補助金が受け取れます。※工事内容による

 

■子育てエコホーム支援事業補助金の受給条件
①所有者(建築主/購入者)自らが居住すること
②建物の要件
・長期優良住宅またはZEH住宅であること
【ZEH住宅として認められる方法】
・認定炭素住宅
・性能向上認定住宅
・ベルス評価…NearlyZEH,ZEHReady,ZEHOrientedなど
※ZEHがとれているというマークがないベルス評価でも認定取得に該当できる場合もある。
・設計住宅性能評価・建設住宅性能評価のいずれかで、断熱等級5と一時エネルギー消費量等級6をクリアしていることが証明できる
・フラット35Sの適合証明がある
※規定が細かいので詳細は工務店と協議しながら進めてください!

さらに以下の全てに該当する住宅であることが条件となります。
③対象となる住宅の要件
1.住戸の延べ面積が50㎡以上240㎡以下(床面積は、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積(吹き抜け、バルコニー及びメーターボックスの部分を除く。)により算定します。
なお、住戸内に階段が存在する場合、階段下のトイレ及び収納等の面積を含める。以下同じ。)のもの

2.土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)に基づく土砂災害特別警戒区域
又は災害危険区域(急傾斜地崩壊危険区域又は地すべり防止区域と重複する区域に限る)に原則立地しないもの

3.都市再生特別措置法(平成14年法律第22号)第88条第5項の規定※により、当該住宅に係る届出をした者が同条第3項の規定による勧告に従わなかった旨の公表がされていないもの
※ 「立地適正化計画区域内の居住誘導区域外の区域」かつ「災害レッドゾーン(災害危険区域、地すべり防止区域、土砂災害特別警戒区域、急傾斜地崩壊危険区域、浸水被害防止区域)内」で建設されたもののうち、一定の規模以上(3戸以上又は1戸若しくは2戸で規模が1,000m²以上)の開発によるもので、都市再生特別措置法第88条第3項に基づき立地を適正なものとするために行われる市町村長の勧告に従わなかった場合、その旨が市町村長により公表できることとされています。

 

■子育てエコホーム支援事業補助金を受ける上での注意点
この補助金がもらえる工事の、対象期間があります。
予算の上限もあるので計画的に進めて下さい。

対象期間は、2023年11月2日~2024年12月31日

〇基礎工事より後の工程の工事への着手:2023年11月2日以降であること
〇基礎工事の完了:建築着工~交付申請まで(遅くとも2024年12月31日)
※予算上限に達した場合、早期終了いたします。

 

■子育てエコホーム支援事業補助金Q&A
Q1.市街化調整区域や土砂災害警戒区域又は浸水想定区域(洪水浸水想定区域又は高潮浸水想定区域における浸水想定高さ3m以上の区域)に新築を建てる場合、長期優良住宅やZEH住宅でも補助金はもらえない?

A:上記に該当する区域に立地している住宅についても補助金はもらえます。
原則として「長期優良住宅」は500,000円/戸、「ZEH住宅」は400,000円/戸となります。

 

Q2.申請方法は?

A:申請は工事を請け負う登録事業者が行いますので、お施主様はお手続きの必要はありません。業者に補助金の申請を前もって伝えておきましょう。

 

Q3.子育て世代と若者世代とは?

A:・子育て世代とは…令和5ねん4月1日時点で18歳未満の子を有する世帯。
  ※令和6年3月31日までに工事に着手する方は、令和4年4月1日時点で18歳未満の子を有する世帯も対象になります。
 ・若者世帯とは?…令和5年4月1日時点で夫婦いずれかが39歳以下の世帯。
  ※令和6年3月31日までに工事に着手する方は、令和4年4月1日時点で夫婦いずれかが39歳以下の世帯も対象になります。

Q3.注文住宅と新築分譲住宅の購入では違いがありますか?

A:工事期間の条件として、2023年11月2日以降に基礎工事より後の工程の工事に着手した住宅であること、交付申請時、一定以上の出来高の工事完了が確認できること。

さらに新築注文住宅の場合は、
・未完成または完成から1年以内であり、人の居住の用に供したことのないもの、という条件があります。

新築分譲住宅では、
・宅地建物取引業の免許を有する事業者からの購入によるもの
・不動産売買契約締結時点において、未完成または完成から1年以内であり、人の居住の用に供したことのないもの、という条件があります。

■子育てエコホーム支援事業日田市・大分県で住宅を建てる方へ
天領住宅では、『子育てエコホーム支援事業補助金』についてご相談承っております。
子育て世代のご家族と二人暮らしの方では、暮らし方も暮らしやすい間取りも変わってきます。
弊社ではお客様のご要望をヒヤリングしながらお客様だけの家づくりを行っております。
まずはお気軽にご相談ください!
補助金の予算には限りもありますので、早めのご検討をおススメいたします!!

本日もご覧いただきましてありがとうございました(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました