資料請求
お問合せ
Blog

断熱の施工方法(③付加断熱)

断熱の施工方法(③付加断熱)

こんばんは、天領住宅です。

木造住宅の断熱の施工方法は大きくわけて3つあります。

今日はそのうちのひとつ「付加断熱」について説明します。

①充填断熱>>>クリック

②外張り断熱>>>クリック

 

 

③付加断熱
充填断熱と外張り断熱の両方を施工する工法

付加断熱は、断熱材を付加するわけですからその分のコストが増えます。しかし充填断熱や外張り断熱だけよりも断熱材を厚くできるため、断熱性能を高めやすい工法です。

 

 

付加断熱のイメージ

 

 

 

「例えば外張り断熱では断熱性の高い硬質ウレタンフォームが定番など、断熱工法の種類によって向いている断熱材もあります。

断熱工法もそれぞれ一長一短ありますが、最近はそれぞれデメリットだった部分を補う手法が開発されています。

また施工会社によって得意不得意な断熱工法もあるでしょうし、断熱材同様にどの断熱工法が優れているかは一概には言えないのです」

 

「先ほど述べたように、施工会社には得意不得意やこだわりの断熱材、断熱工法といった志向性もあります。そのため例えば『自然系の断熱材を使いたい』とか『狭小地だからできれば充填断熱』などの要望があるならば、それらの施工実績のある施工会社に依頼したほうが良いでしょう」

 

 

 

◎弊社の造作家具や家づくりや住宅ローンの事など、お気軽にご相談下さい。

【お問い合わせ】

TEL 0973-24-1819

受付:月~土曜 9:00~18:00

タイトルとURLをコピーしました